薬剤師の資格を生かす職場

薬剤師の資格を生かす職場

病院と薬剤師

 

薬剤師の資格を生かす職場としてまず最初にあげられるのが病院です。

 

個人経営の病院を始めとして、総合病院や厚生病院などの大規模な病院、診療所のような小規模の病院まで、様々な種類の病院があります。

 

専門をとってみても、身近にある歯医者や眼科、内科、小児科、耳鼻咽喉科、整形外科、規模の大きな病院に入っている消化器科や循環器科、より専門伊勢の高い脳外科やがん病院など、人の体に関するあらゆる部位に対する分野があります。

 

どの規模の病院や分野を目指すかは本人次第ですが、役割りにはそれほど差はありません。処方箋にもとづく薬剤の調合、患者さんへの提供とアドバイス、医療への参画、患者さんとへの対応などです。

 

ただ最近では、薬剤師の方が治療にまでかかわることが求められています。医療がより専門的になり、医師が一人で治療にあたることが難しくなってきているからです。治療という医療行為には薬も含まれます。その薬を担当しているのが薬剤師なので、薬剤師が治療に積極的に加わり、これまで医師が担当していた患者さんへの説明やケアなどを行うようになってきています。

 

この傾向は、特に大規模の病院で広まってきているので、総合美容院などへの勤務を考えているのであれば、どのような仕事をしているのか、その美容院にいる薬剤師の方に確認することも必要です。

調剤薬局と薬剤師

 

大きな病院になると院内に調剤薬局はありますが、小規模の病院の場合は、医薬分業によって薬を調合し、提供する機関は調剤薬局として、病院とは違う場所に設置されています。

 

調剤薬局での薬剤師の仕事、役割りは主に、処方篁に基づく薬剤の調合と患者さんへの提供、服用に関するアドバイス、副作用の説明などです。薬の名からは劇薬に相当する危険なものあるので、薬剤を厳重に管理・保管する責任もあります。

 

さらに、薬剤を発注するのも調剤薬局における薬剤師の役割です。薬剤全体の量を管理することで、間違って薬を提供していないか、紛失した薬剤がないかといったことを管理しなくてはならないからです。

 

大きな病院で求められる治療への積極的なかかわりは、調剤薬局で働く薬剤師にはありませんが、それでも薬剤師を適切に処方する、患者さんに適切な助言をするといった面で、治療に大きく関わっているという認識を持つことが大切です。

 

また、病院の数だけ調剤薬局はできているので、薬剤師が不足している原因のひとつになっています。

 

ドラッグストアと薬剤師

 

近年、ドラッグストアの数が急速に増えてきています。薬事法の改正で、店頭で販売することができる薬の種類が増えたこと、健康意識の高まりで、健康食品関係が人気になっていることなどがその主な理由ですが、その一方で、薬剤師の数が不足しているという問題が起こっています。

 

以前はドラッグストアには薬剤師は特に置く必要はありませんでしたが、薬事法の改正によって、最低一人は薬剤師を置くことが定められました。そこで突然、薬剤師の数が不足するようになったのです。病院や調剤薬局でも薬剤師は必要としており、そのことも拍車をかけています。

 

ドラッグストアでの薬剤の仕事は主に、店頭に北お客さんへの接客です。接客といっても薬剤師ですから、薬に関するアドバイスが主体となってきます。症状を間いて適した薬をアドバイスする、副作用や他の薬との飲み合わせのリスクを伝えるといったことです。

 

副作用や飲み合わせのリスクといったことはあまり意識されてはいませんが、治りが遅くなったり、逆に具合が悪くなったりすることもあるので、薬剤師のアドバイスというのはとても重要になってきます。

薬剤師の割合

 

病院や調剤薬局、ドラッグストアが薬剤師の資格を活かすことがてきる主な職場となりますが、それぞれの職場で働く薬剤師の割合は、ドラッグストアが半数近くを占めています。 ドラッグストはどこに行っても見かけるので、この数値には納得です。

 

次には調剤薬局で、全体の3割、残りが病院、製薬会社などに勤務する薬剤師です。いずれの職場においても薬剤師は不足しているので、いつも求人があるのが現状です。

 

薬剤師を目指すのであれば、資格を十二分に生かせる職場をよく知ることで勉強の目的や意義もはっきりして、やる気のアップにつなげることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ